1 資料の原型を尊重

製本様式、使用素材などはコンテンツとは別の歴史的遺産です。どの時代に、どの地域で印刷され、発行されたのか、又その後の再処置(改装)等はないか、時代考証に基づき、オリジナルを最大限に尊重した手当を行います。

2 非破壊的処置

不要に表紙をはがし新しい表紙を付けたり、また全体を無用に改変したりすることは行いません。

最終的に使用できなった元の素材は全部補完し、お返しします。

3 可逆的処置

アーカイバルクオリティー(修復品質)を満たす素材を使用し、可逆性のない接着剤などは

一切使用しません。次のステージの処置(再度傷んだ時)がスムースに出来る様、天然由来の接着剤、良品質用紙、素材等を使用します。

お気軽にお問い合わせください。0742-35-3471受付時間9:30-16:30 [ 木・祝日除く ]

お問い合わせ